予防歯科

むし歯や痛みがなければ歯科医院へと足が向かない方も多いですが、むし歯を作らないことが一番重要なのです。むし歯や歯周病にならないためには、お口のなかの細菌数を減らすなど、清潔な状態を保つことが必要となります。

当院では担当の歯科衛生士が、患者様の生活習慣の指導からケアまでをしっかりと行うことをお約束。症状がなくとも3ヶ月に1回は予防のために通院していただくことで、時間もお金もかかる治療に通う必要がなくなります。

※ご自身ではケアが不十分だと考えられる方の場合1ヶ月に1回程度の通院をおすすめしております。

予防の大切さ

予防歯科は丁寧なクリーニングを行うためお口のなかがさっぱりするだけでなく、着色汚れなども除去。むし歯や歯周病の予防になるだけでなく、見た目も白く美しくなるのです。

口元からのエイジングケアを推奨する当院では、定期的な通院でお口の健康美を保っていただくことをおすすめしております。

予防歯科でのクリーニングとホワイトニングを併用いただくことで、いつまでも若々しい見た目を維持していきましょう。ホワイトニングは保険外診療として承っておりますが、まずは歯の本来の白さを取り戻す、クリーニングからオススメしております。

予防歯科メニュー

クリーニング(PMTC)

歯科医院で受けるプロによるクリーニングのことをPMTCと呼びます。当院では患者様に合わせた歯みがき剤を使用し、丁寧にクリーニング。見た目も臭いも綺麗にいたします。

食事・生活習慣指導

むし歯や歯周病になりやすい方は、だらだらと食事をしていたり、甘いものを好んで口にしていたりする傾向にあります。患者様の生活習慣を見直すことが、お口の健康を守ることに繋がります。

ブラッシング指導

自分では磨けているつもりでも、磨き方の癖による磨き残しが皆様あるものです。歯科衛生士が患者様のお口をしっかりとチェックし、正しいブラッシング方法を指導いたします。

フッ素塗布

お子様のむし歯予防に使用されるイメージの強いフッ素ですが、大人であってもむし歯予防に非常に有効です。むし歯が出来やすい方は、フッ素塗布を行っております。

歯周病の予防

歯周病の怖さ

歯周病は、歯を失う原因で最も多い病気です。良く耳にする「歯周病」という病気ですが、実は成人の8割の方がかかっていることをご存知でしょうか。歯周病とは細菌が歯を支える骨を溶かしてしまう病気で、最終的には歯が抜け落ちてしまう非常に恐ろしい病気です。

さらに歯周病が怖い理由の一つに、痛みなどの症状がほとんど出ない点が挙げられます。歯茎が腫れていたりブラッシング時に出血を伴ったりしているのであれば、それはすでに歯周病に罹患している可能性が高いといえます。正しいケアを施すことで歯周病は防ぐことができるため、症状がなくとも一度歯科医院でチェックしてもらいましょう。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病はお口の中だけの病気だと侮ってはいけません。歯周病菌は血流などに乗って全身に運ばれることで脳梗塞をはじめ、狭心症や心筋梗塞などの心疾患や、糖尿病、骨粗しょう症、さらに誤嚥性肺炎などのリスクが増大することがわかっています。

特に誤嚥性肺炎は高齢者がかかる肺炎の原因の大半を占めており、歯周病原因菌を含む食べ物や唾液が誤って気管に入ってしまった場合に、むせたりせき込んだりして排出する力が落ちているため肺に到達してしまい、免疫力の衰えから肺炎を引き起こします。

こういった全身疾患を予防するためにも、日頃のケアや定期的な歯科医院でのメインテナンスによる歯周病のコントロールが重要になるのです。

歯周病の進行度合い

歯周病は、軽度→中度→重度と、段階を踏んで進行していきます。軽度の場合は歯肉が腫れるなどの症状が現れますが、ブラッシングによる「プラークコントロール」を正しく行うことで、改善される場合がほとんどです。しかし中度・重度と進行してしまうと、オペや内服薬による治療を受けなくてはなりません。

歯周病が進行してしまうと治療に時間もお金も非常にかかることとなります。そのためにも早めに検査を受け、歯周病だと診断された場合は重度にならない前に食い止める必要があるのです。