歯ことば〜歯科用語集〜

ドライソケット

歯を抜いた時、出血が少なく患部をふさぐ血餅〔けっぺい〕(かさ ぶた)ができずに患部が露出したままになり、歯ぐきや歯を支え る歯槽骨〔しそうこつ〕が炎症を起こし激しく痛む状態のこと。

続きを読む

投稿日:2019年10月11日

失活歯

抜髄〔ばつずい〕した後の神経がない歯のこと。神経を抜くと歯 は弱くなります。

続きを読む

投稿日:2019年10月4日

生活歯

歯髄〔しずい〕が生きている歯のこと。  

続きを読む

投稿日:2019年10月4日

ミュータンス菌

虫歯の原因となる細菌の一種で、食物に含まれる糖質を分解してグルカンという物質をつくり、他の細菌とともに歯垢〔しこう〕の原因を作り出します。

続きを読む

投稿日:2019年9月27日

8020運動 はちまるにいまるうんどう

自分の歯を、「80歳になっても20本残そう」という国民の健康を増進させる医療運動。

続きを読む

投稿日:2019年9月20日

口蓋裂 こうがいれつ

口蓋〔こうがい〕が割れた状態で生まれてくる、先天的な赤ちゃ んの病気で、上唇が割れた「口唇裂-こうしんれつ」を合併して いることが多いです。 胎生8週ころに口蓋突起〔こうがいとっき〕(上顎にある突起のひとつ)と鼻中隔〔び […]

続きを読む

投稿日:2019年9月12日

口内炎

口腔粘膜が赤く腫れたり、できものができたりする炎症性の病気のこと。 口腔粘膜の2か所以上の部位で炎症が見られる場合を口内炎といい、特定部位に単独で発生する炎症は、それぞれ歯肉炎〔しにくえん〕、口唇炎〔こうしんえん〕、舌炎 […]

続きを読む

投稿日:2019年9月9日

根管治療(こんかんちりょう)

歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言います。 歯髄は根の先端から歯の中に入り、歯の成長発育に重要な役割を果たします。 しかし、成人になり歯が成長したあとは、歯髄がなくても根のまわ […]

続きを読む

投稿日:2019年8月31日

ナゾラビアルアングル

整った口元の7条件 ナゾ(鼻)ラビアル(唇)アングル 上唇の出具合は前歯の傾斜に深く関わります。 90度以上推奨 理想は100~110度程度  

続きを読む

投稿日:2019年8月22日

オーソパルス(オルソパルス)

オーソパルスとは光療法に利用される近赤外線をLEDから照射することで、骨や軟組織の代謝活動を活発にします。 組織の代謝活動が良くなることで、矯正している間の歯の移動を早めることができます。 歯の動きの加速だけでなく、歯肉 […]

続きを読む

投稿日:2019年8月8日