部分矯正

部分矯正とは

矯正において、歯並びや噛み合わせ全体ではなく、一部の問題がある部位だけを治療する方法です。方法としては、ブラケット矯正(ワイヤーを使用)、マウスピース矯正、インプラントを使用した矯正などがあります。

部分矯正が適している場所、歯並び

部分矯正に適している歯並びをご紹介していきます。凸凹が著しい歯並びや骨格的な問題など場合によっては、不向きの場合もあるので、精密検査やご相談のうえ進めていきます。

前歯

全体的な歯並びは悪くはないが、前歯一本だけがずれているのが気になる場合、片方の歯が飛び出ているような歯並びや、以前矯正をしていて、後戻りをおこしてきた場合などに適しております。

軽度の乱杭歯

その名の通り、歯があちこちを向いて乱れた状態のことをいいます。専門用語では、叢生(そうせい)とも呼ばれます。具体的には、歯列(アーチ状の歯並び)に収まりきらずにわずかに隣同士が重なってしまう状態や、少し歯がねじれている状態です。また、八重歯もこの一種です。

すきっ歯

原因は大きく分けて二つあります。一つ目は、生まれつきです。小さい歯や形の悪い歯が生えてきた場合や本来生えてくる歯の数より少ない場合、または歯と顎のバランスによって起こります。二つ目は、生活習慣によって起こります。舌で前歯を押してしまう癖や頬杖をつくなどが考えられます。

軽度の出っ歯

隣の歯に比べて少し段差がある程度や、顎自体ではなく歯のみが出ている場合に向いております。顎自体が出ている場合などは、部分矯正では満足のいく結果が得られないことがありますので精密検査をして決めていきます。

部分矯正のメリット

安い

全体的な矯正に比べると、矯正の種類や治療範囲によって個人差がありますが、使用する装置や器具が少ないため費用が抑えられます。矯正治療は高額だからとあきらめていた方におすすめです。

短期間

全体的な矯正は、平均2年から3年かかるのに対して、部分矯正は、平均1年から1年半程度です。圧倒的に短期間でできるスピード矯正ですので、効果を感じるのも早く治療回数も少ないため負担も少ないです。

他の矯正治療と異なり、大がかりでなく気軽にできる(前歯ならば)

部分矯正では、他の矯正治療によくある笑った時などに目立つ、全体的な痛みがあるなどというデメリットも避けることができます。装置を付けていても目立ちにくく、大がかりな治療ではないため矯正をスタートしやすいです。