マウスピースが出来るまで

マウスピースが出来るまで

インビザラインは、数多くの臨床データに基づいた最新の歯科矯正理論をもとに、アメリカのアライン社独自の3次元画像化技術や光造形等の最先端技術で作られるマウスピースを用いる、最新の歯科矯正治療方法です。 インビザラインの治療に用いる透明なマウスピースの矯正装置がどのように作られているのか、ご紹介いたします。

ステップ1

iTero

池袋はならび矯正歯科・神谷では、最新の光学スキャナーで患者様の歯型のデータを採ります。このデータに加えて、当院の矯正専門医が作成した治療計画書、顔面・口腔内写真、X線写真を、インターネットを通じて、アメリカのアライン社に送ります。

光学スキャナーの導入により、従来のシリコン印象よりも、より正確なデータが採れるようになりました。また、シリコン印象を航空便で郵送するよりも、治療計画作成までの時間が大幅に短縮されるようになりました。

ステップ2

iTero

当院の矯正専門医が作成した治療計画書に基づき、アライン社が3Dのコンピューターシュミレーション「クリンチェック」を作成します。このクリンチェックを用い、当院の矯正専門医が、患者様の現在の歯の状態、治療の途中経過、治療終了後の状態の全ステージを、コンピュータ画面上であらゆる角度から検討します。

ステップ3

iTero

当院の矯正専門医が様々な検討を行い、最適なクリンチェック治療計画を完成させます。アタッチメントの数や配置、抜歯や歯を削る程度など、担当の矯正医によって、治療内容は大きく異なります。治療計画の作成にあたっては、矯正医のインビザライン治療経験が、とても重要です。

ステップ4

カウンセリング

クリンチェックの3D画像を患者様にご覧いただきながら、当院の矯正専門医が治療計画を丁寧にご説明し、患者様から治療計画への同意が得られると、担当の矯正専門医が最終承認を行います。この承認によって、正式にマウスピースが発注されます。

ステップ5

インビザライン

デジタル技術を駆使したアライン社の最新工場で、患者様ひとり一人の治療計画にあわせた透明なマウスピースが製造されます。マウスピースは、治療段階ごとに丁寧に包装され、箱詰めされます。

当院のマウスピースは消毒して個包装にしています。

インビザライン

ステップ6

航空便の画像

インビザライン・マウスピースは、アライン社の工場から直接、当院あてに航空便で届けられ、患者様のインビザライン治療が始まります。