インビザライン矯正治療の流れ

1.無料相談(30分)

無料相談を行っております。インビザラインに対する疑問や不安、さらに矯正相談を受けようと思われたきっかけや、矯正治療にて行うことがある歯を抜く、削るなどに対する抵抗感をお聞きし、少し歯並びの状態を確認させてもらって、治療期間の概算もお伝えします。まずは当院にご予約のうえお越しください。

無料相談予約フォームへ

当日 or 後日

2.検査・スキャン(iTero)(30分)

虫歯や歯周病の状態を確認します(保険適用)。矯正用のレントゲンを無料で撮影します。

およそ1週間

3.診断・同意書(30分)

検査の結果を受けて診断結果や治療方法をご案内します。一方でみなさまのご希望もしっかり聞かせてください。要点をご説明させていただき、ご質問をお受付いたします。

同意書は診断時にお渡しし、自宅でよくご確認のうえ、メールや医院LINEへご質問いただきます。

およそ3週間後

4.クリンチェック(治療計画の動画)の確認(15〜30分)

クリンチェックと呼ばれる治療計画の骨組みが、シミュレーション動画として作成されます。

この骨組みは、欧米人の骨格(コーカソイド)に合わせた計画となり、アジア人の骨格(モンゴロイド)には全く合わない計画ですので、当グループの代表 Dr神谷がゼロから作り直しをします。

欧米人に比べアジア人は骨の厚みが薄いなど様々な特異性があり、この作り直しをしないと、歯が骨から飛び出てしまうことなどもあり大変危険です。

インビザライン矯正治療のリスクにも精通し、経験豊富な歯科医師であるDr神谷が作り直すことで、安全、安心なクリンチェック治療計画が作成されます。

クリンチェック(治療計画の動画)の詳細へ

およそ2〜3週間

5.インビザライン矯正治療スタート

段階的(1週間毎)にアライナーを交換することで、少しずつ無理なく歯を動かしていきます。遠方からいらっしゃる方の場合は、全てのアライナーをお渡ししますので、あとは自己管理にて交換を行っていただきます。治療中何かご不明点がございましたら、いつでもお電話やメールにてご相談ください。

インビザラインの取扱説明書

4〜6カ月に1回程度

6.経過観察(1来院15〜30分)

3〜6ヶ月に一度来院してもらい、歯の動きのチェックを行います。6ヶ月に一度、お口の状態の写真を撮影します。

代表であるDr.神谷が全ての患者様の写真データとカルテを確認し、必要な指示を出しています。

矯正治療終了まで

7.保定

後戻りは歯を動かし終わった後の半年間と考えられており、その間は、インビザラインのマウスピースで終日使用の保定をしております。

その後は、経年変化を予防することを目的に保定装置の使用を継続していただきます。その際、終日使用から夜間就寝時の使用へ切り替え、噛む面を解放しているタイプの装置(なるべく目立ちにくい装置)を使用してもらっています(こちらの装置上下一つずつまでが費用に含まれております)。

切り替えを行う理由は大きく2つあります。

①マウスピースで噛む面を長期間覆っていると、奥歯が噛み込まれて沈みこんでしまい、良好な噛み合わせが得られなくなるから
②マウスピースと違い、衛生面でも頑丈さでも長期間使用が可能なものになっているから(透明なマウスピースは、キレイに丁寧に使って一年ほど)

以上のリスクをご理解いただき、それでもどうしても透明なマウスピースをご希望の場合は、ご希望に沿うことも可能です。

週に一回夜間のみ使用となるまでの道筋の目安

最初の半年 日夜問わず終日使用
半年後〜1年後 夜間 + 出来れば午前中(お休みで在宅など、午前中も使える状況であれば使用推奨)
1年後 夜間のみ 7days / 1w(毎日)
2年後 3〜4days / 1w
3年後 2〜3days / 1w
4年後 1〜2days / 1w
5年後 1day / 1w

※夜間使用となってからのリテーナーの使用は、矯正治療による後戻り予防ではなく、経年変化の予防のためのオススメに過ぎません。
治療ではないため、絶対に使用しなければいけないものではありませんが、全く使用しなくなると、生きている以上 歯は動くので、わずかにズレていくことが考えられます。

8.補綴

矯正治療終了後、良くなった歯並びに合わせて銀歯をセラミックに変える事が可能です。当院ではメタルフリーを推奨しております。また、前歯であれば歯科用樹脂をコーティングした銀歯、奥歯であれば銀歯にするなど保険治療も行っております。