アデノイド顔貌

口呼吸によって、鼻腔と喉の間にある咽頭扁桃(アデノイド)が肥大することがあります。このことによって顔貌に変化が表れます。アデノイド顔貌はアデノイドの肥大だけでなく、口呼吸によって起こる顔つき全体を指して言うことが多いです。

特徴として顎と首の境目がはっきりしない、頬の下が膨らみ、顔がまるくなることなどがあげられます。口が開いた状態が長く続くので、口腔内が乾燥して口臭の原因になることがあります。睡眠時に気道が狭くなるため、いびきや睡眠時無呼吸をおこすこともあります。

アデノイド顔貌の治療法

①口呼吸を鼻呼吸に変える

口呼吸から意識的に鼻呼吸へと変えていくことが大切です。鼻呼吸を促すようなマスクや口を閉じるためのテープなどを使用する方法もあります。

②アデノイド肥大を治療する

アデノイド肥大の治療法は、軽度の場合は抗生剤や消炎剤を服用、重度の場合はアデノイドの切除手術になります。

③歯列矯正治療

口呼吸が原因で出っ歯になってしまった場合、矯正治療によって歯並びを改善することで、呼吸法を口呼吸から鼻呼吸へと促していきます。噛み合わせに問題が起きやすいアデノイド顔貌の方には、見た目と噛み合わせを同時に改善できる治療法です。

④顎骨体移動治療

歯列矯正治療では治らない場合、骨格を修正する外科手術が必要になることがあります。「上顎骨体移動術」、「下顎骨体移動術」、「上下顎骨体移動術」、「上下顎分節骨切り術」などがあります。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  あ行  投稿日:2018年2月4日