インビザラインホーム

おうちでマウスピース矯正♪
『インビザライン ホーム』

「インビザライン ホーム」とは、世界で800万人(2020年7月時点)以上の方が治療で使用しているインビザラインを、ご自宅で治療を受けていただく方法です。

遠方にお住まいの方で、来院回数を極力減らしたい場合などにご提案しております(新型コロナウィルス感染対策にもなります)。

最少通院数は4回です。
(平均の通院数は5〜8回の見込み)

アタッチメント付与が無いため、歯の動きに制限があります。

インビザライン ホームの費用

月々5,200円 / 120回
または一括払い50万円
※料金はすべて税別です。
※120回払いの金額は新生銀行グループのデンタルローン「アプラス」が提供元です。詳細はこちらをご覧ください。
※デンタルローンの支払シミュレーションができます。こちらからできます。金利は、個々人の状況により変わりますが目安4.9%です。

インビザライン ホームの流れ

1.無料相談&基本検査(アイテロスキャン)(60分)

まずは無料相談と基本検査(保険の範囲の窓口負担;4000円前後、それ以外は無料)を当院にご来院いただき、実施いたします。

基本検査にはiTeroでのスキャンも含まれています。

無料相談予約フォームへ

2.診断・同意書(30分)

検査の結果を受けて診断結果や治療方法をご案内します。一方でみなさまのご希望もしっかり聞かせてください。要点をご説明させていただき、ご質問をお受付いたします。

同意書は診断時にお渡しし、自宅でよくご確認のうえ、メールや医院LINEへご質問いただきます。

3.クリンチェック(治療計画の動画)の確認(15〜30分)

クリンチェックと呼ばれる治療計画の骨組みが、シミュレーション動画として作成されます。

この骨組みは、欧米人の骨格(コーカソイド)に合わせた計画となり、アジア人の骨格(モンゴロイド)には全く合わない計画ですので、当グループの代表 Dr神谷がゼロから作り直しをします。

欧米人に比べアジア人は骨の厚みが薄いなど様々な特異性があり、この作り直しをしないと、歯が骨から飛び出てしまうことなどもあり大変危険です。

インビザライン矯正治療のリスクにも精通し、経験豊富な歯科医師であるDr神谷が作り直すことで、安全、安心なクリンチェック治療計画が作成されます。

クリンチェック(治療計画の動画)の詳細へ

4.治療開始(マウスピース装着&IPR)

あなたにあったマウスピース(アライナー)をお渡ししますので、お口に装着していただき、治療開始です。

マウスピースの取り扱いなども詳しくお伝えしますので、ご安心ください。

また、必要に応じて、IPR(歯と歯の間を、歯に影響の無い範囲のみ削る治療)も、当日全て行います。

(見た目やかみ合わせに不満足な点がある場合)

見た目やかみ合わせに不満足な点がある場合、1.に戻ります。

5.治療終了&保定

ビベラリテーナーは、1セットにつき1年〜2年使用可能です。

3セット使い切った場合、近くの歯科医院さんで構いませんので、マウスピースを作成してもらうようにしてください。

もちろん、当院での作成も可能です。

週に一回夜間のみ使用となるまでの道筋の目安

最初の半年 日夜問わず終日使用
半年後〜1年後 夜間 + 出来れば午前中(お休みで在宅など、午前中も使える状況であれば使用推奨)
1年後 夜間のみ 7days / 1w(毎日)
2年後 3〜4days / 1w
3年後 2〜3days / 1w
4年後 1〜2days / 1w
5年後 1day / 1w

※夜間使用となってからのリテーナーの使用は、矯正治療による後戻り予防ではなく、経年変化の予防のためのオススメに過ぎません。
治療ではないため、絶対に使用しなければいけないものではありませんが、全く使用しなくなると、生きている以上 歯は動くので、わずかにズレていくことが考えられます。