歯ことば〜歯科用語集〜

叢生(デコボコの歯)

前歯の見ためがガチャガチャだとつい注目してしまいませんか。 このような歯並びを叢生とと言います。 また、乱杭歯やガチャ歯とも呼ばれます。 歯の生えるスペースと歯の大きさのバランスが悪いためにおきることが多いです。 八重歯 …

続きを読む

投稿日:2017年1月8日

象牙質

歯の表面を覆うエナメル質の下にあり、歯の大部分を構成するのが象牙質です。 象牙質はエナメル質より柔らかいですが、衝撃には強い性質があります。   細菌感染や刺激があると防御反応を働かせ、硬くなることがあります。 …

続きを読む

投稿日:2016年12月30日

エナメル質

歯のエナメル質が~などと耳にすることはありませんか。 そもそも、エナメル質とはなんでしょうか。 ホワイトニングでも出てくるけど、実際の所なんでしょう。   エナメル質は歯の表面を覆う部分です。 体の中で最も硬い …

続きを読む

投稿日:2016年12月23日

トゥースウェア

トゥースウェアと聞いてもピンとこない方が多いのではないでしょうか。 直訳すると「歯の着物」ということかと考えたりしませんか。 なにも、歯が洋服を着るわけではありません。 wearにはすり減るという意味もあります。 つまり …

続きを読む

投稿日:2016年12月18日

知覚過敏

歯がしみるという経験をされた方は多いと思います。 なぜ、歯がしみるのでしょうか。 歯はエナメル質が象牙質を覆うような構造でできています。 何らかの原因でエナメル質が削れると、象牙質への刺激が伝わりやすくなります。 象牙質 …

続きを読む

投稿日:2016年12月11日

テトラサイクリン歯

歯の着色にもいろいろな種類があります。 象牙質の色が変性することで歯が帯状にグレー色になることがあります。 これは象牙質が形成されるときに、抗生物質を服用することで象牙質の色が変性したのが原因です。 テトラサイクリン系の …

続きを読む

投稿日:2016年12月2日

エナメル質の着色

歯の表面を覆う部分がエナメル質でできています。 エナメル質は無機質でできているので、硬くて脆いという特徴があります。 エナメル質はもともと、半透明ですが、食べ物や飲み物で着色することがあります。 着色の汚れをステインとい …

続きを読む

投稿日:2016年11月27日

シェード(歯の色)

歯の色は何色だと思いますか。 白と思われているかもしれませんが、実は違います。 歯の色はエナメル質の色と象牙質の色で構成されます。 エナメル質の色は半透明で、象牙質の色は黄色です。 個人差、年齢、歯の種類によって違います …

続きを読む

投稿日:2016年11月20日

光照射器(ホワイトニング)

ホワイトニングはOHラジカルを発生させる必要があります。 酸性や中性のホワイトニング剤ではOHラジカルを発生させることがないので、光を照射させることでOHラジカルの発生を促進します。 光を当てると言ってもなんでもいいわけ …

続きを読む

投稿日:2016年11月13日

酸性(ホワイトニング剤)

ホワイトニング剤には酸性のものもあります。 酸性と聞いてどうでしょうか。酸っぱいというイメージが浮かびますか。 口の中では、酸性の状態が続くとあまり良くありません。 歯の表面のエナメル質は酸性の状態だと、柔らかくなり溶け …

続きを読む

投稿日:2016年11月6日