歯ことば〜歯科用語集〜

大人の矯正歯科

矯正歯科は小学生や中学生がやるものと決めつけている方は多いです。 矯正治療は成人になってからでもできます。 歯は何歳になっても動かすことはできます。   そうはいっても、あの金属をの装置をつけたくない。 どうも …

続きを読む

投稿日:2017年5月28日

歯茎下がり

歯茎が下がって歯が長くなったように感じる方はいらっしゃいませんか。 年齢ともに歯茎が下がることがあります。 これは、歯周病や咬み合わせなどが影響しています。   歯茎が下がり始めると根の表面が露出することになり …

続きを読む

投稿日:2017年5月21日

癒合(ゆごう)歯

癒合(ゆごう)歯は、乳歯2本がくっついて1本になって生えてくる状態です。 下の前の乳歯などに比較的よくおこります。   癒合歯があるとどのようなリスクがあるか。   癒合歯の後に生えてくる永久歯が、本 …

続きを読む

投稿日:2017年5月14日

過剰(かじょう)歯

本来、生えてくる歯より多く、歯が存在することがあります。 上の真中2本の間に1本歯が多く存在することがときどきあります。 真中の歯が曲がって生えてしまったり、根に影響を与えることもあります。   骨の中に存在す …

続きを読む

投稿日:2017年5月7日

すきっ歯

すきっ歯は歯と歯の間が開いた状態のことです。 特に、上の前歯が開いた状態は目立つのでよくわかると思います。   すきっ歯になる原因として、いくつか考えられます。 ・歯の形が小さいとき 上の前歯の真中から2番めの …

続きを読む

投稿日:2017年4月30日

最適アタッチメント

インビザラインでは歯を動かしやすくするためにアタッチメントというポッチを付けます。 色は歯の詰め物に使うものと、同じものなので目立つことはあまりありません。   アタッチメントにも種類があります。 そもそも、歯 …

続きを読む

投稿日:2017年4月23日

側方拡大

歯が理想的な位置より、顎の内側に生えているときがあります。 インビザライン治療では、歯の位置を頬側に移動させることができます。 アライナーが内側から、外側へ押し広げるように力を加えます。 この動きを側方拡大といいます。 …

続きを読む

投稿日:2017年4月16日

遠心移動

矯正治療では歯を奥の方へ動かすことがあります。 この動きのことを遠心移動といいます。   インビザライン治療ではよく行なわれます。 インビザラインでは素材の改良により、歯をしっかりと動かせるようになったからです …

続きを読む

投稿日:2017年4月9日

ビベラ(保定装置)

矯正治療が終わった段階では歯はまだ、しっかりと固定されていません。 少し揺れがある状態です。 このままにしておくと、また元の状態に歯が戻ってしまいます。 そのため、矯正治療が終わると保定装置を装着します。   …

続きを読む

投稿日:2017年4月2日

プレジションカット

アライナーに切れ込み(プレジションカット)が入っているときがあります。 これは不良品ではないので心配しないで下さい。   では、何のために切れ込みが入っているのでしょうか。 この切れ込みにゴムを引っ掛けて使いま …

続きを読む

投稿日:2017年3月26日