歯ことば〜歯科用語集〜

リーウェイスペース

前から数えて3~5番目乳歯の横幅合計と、同部位永久歯の横幅合計の差をリーウェイスペースと言います。 その部位の乳歯とその下の永久歯の大きさを比較すると、乳歯の方が大きいです。   永久歯の方が大きいと思われがち …

続きを読む

投稿日:2018年1月28日

くさび状欠損(WSD)

歯肉の退縮がおこり、その部位の歯の根元が削れたような形になることがあります。削れる量が大きいと、くさびのような形になります。なので、くさび状欠損といいます。英語の頭文字を取って、WSDと表現されることがあります。 くさび …

続きを読む

投稿日:2018年1月21日

アブフラクション

歯茎に近い部分の歯の表面が剥がれるようにしてできる、歯の欠損のことをアブフラクションと言います。歯ぎしりや食いしばり等、強い咬合力によって歯の表面が剥がれると考えられています。 アブフラクションが大きくなると、くさび状に …

続きを読む

投稿日:2018年1月14日

口呼吸

通常、鼻と口から呼吸をしています。口で呼吸をすることを口呼吸と言います。口を閉じる筋力が弱かったり、鼻からの気道に問題があると、口呼吸が多くなることがあります。鼻からの気道に問題があるときは耳鼻科の受診が必要になります。 …

続きを読む

投稿日:2018年1月7日

骨隆起

骨隆起と聞いても、口の中のことと結びつきにくいかもしれません。結構、多くの方の口の中に存在しています。 骨隆起ができていると、上顎の真中や下顎の舌側に膨らんだような状態になっています。 自分では気づきにくいですが、よく鏡 …

続きを読む

投稿日:2017年12月31日

第一大臼歯

前歯と同じように早く、生える永久歯です。6才頃に生えるので6才臼歯と呼ばれることもあります。前歯から数えて6番目の歯なので6番と歯科医院では表現することが多いです。6才頃に生える奥歯の歯なので、磨き残しがあるとカリエスリ …

続きを読む

投稿日:2017年12月24日

八重歯

八重歯は外側に張りだし重なり合った状態の犬歯のことです。叢生と言われる状態でよく見られます。 歯が並ぶ十分なスペースがないときにおこります。顎が小さかったり、乳歯が虫歯などで早く抜けてしまったときになりやすいです。 &n …

続きを読む

投稿日:2017年12月17日

親知らず

親知らずはすべての永久歯が生えそろった後に生える歯です。 永久歯は中学性頃までに生えそろいますが、親知らずは10代後半以降に生えてきます。   永久歯はすべて生えると上下左右に7本ずつあります。 親知らずは最後 …

続きを読む

投稿日:2017年12月10日

セラミック

セラミックは一般的には陶磁器を指して言うことが多いです。焼き物のお皿などがいい例だと思います。 歯科では人工の白い被せ物のことを、セラミックと表現をすることがあります。自費診療で作られる白い歯の多くは、セラミックが使われ …

続きを読む

投稿日:2017年12月3日

歯並び

歯並びと聞いて、何を考えますか。 多くの方は歯並びが悪いから、矯正治療という発想にになるのではないでしょうか。   では、どのような歯並びならいいのでしょうか。 まず、大人の歯(永久歯)は何本あるか、わかります …

続きを読む

投稿日:2017年11月26日