歯ことば〜歯科用語集〜

咬合挙上板

咬み合わせが深いときに、咬み合わせの高さを改善するために使用する床矯正装置です。主に、永久歯に生え変わる途中の小学生頃の時期に使用します。 上の顎にプラスティックのプレートを設置して、下の前歯と接するようにします。このこ …

続きを読む

投稿日:2018年7月22日

パラタルアーチ

固定式の保隙装置です。保隙装置なので、歯を動かすというより歯並べるためのスペースを確保するための装置です。小臼歯を抜歯して矯正治療を行うとき、奥歯が前に倒れ込まないようにします。 奥歯にバンドを装着して、バンドとワイヤー …

続きを読む

投稿日:2018年7月15日

クワドヘリックス

上の顎の幅を拡げる装置です。固定式の装置で、自分で取り外すことはできません。上の奥歯にバンドを装着して、このバンドとワイヤーが接続されています。バンドに接続されたワイヤーは前歯にそわせるように、力がかかるようになっていま …

続きを読む

投稿日:2018年7月8日

ホールディングアーチ

保隙装置の一つです。保隙装置は歯を積極的に動かすというより、スペースを保つための装置です。保隙装置にはいくつか種類がありますが、ホールディングアーチは抜歯矯正のときに使われます。 歯を並べるスペースが少なくて抜歯矯正を選 …

続きを読む

投稿日:2018年7月1日

急速拡大装置

固定式の矯正装置の1つです。上の顎の幅を拡げるための装置です。上の顎を拡げるので、成長が終わる前に使われることが多いです。 前歯が並びきらないでデコボコになりそうなときや奥歯の咬み合わせが通常と逆のとき(上の歯が下の歯よ …

続きを読む

投稿日:2018年6月24日

ムーシールド

乳歯列期に用いられる、取り外し式の矯正装置です。受け口になる可能性があるときに使われます。受け口になるのは遺伝的な影響だけでなく、唇や舌の癖でなることも多いです。唇を巻き込むようにしたり、舌で下の前歯を押す癖があると受け …

続きを読む

投稿日:2018年6月17日

リンガルアーチ

リンガルアーチは自分では取り外せないタイプの矯正装置です。取り外せないタイプなので、慣れるまでは違和感が出ることもあります。また、装置の周りに汚れが付きやすいので、歯磨きは注意が必要です。 奥歯にリングをはめ込みます。こ …

続きを読む

投稿日:2018年6月10日

アクチバトール

取り外し式の矯正装置です。床矯正と同じようなタイプです。違いは上下が一体になっていることです。そのため、床矯正より装置が大きくなることもあります。 上下一体になっているので、咬み合わせの位置が固定されます。このときの咬み …

続きを読む

投稿日:2018年6月3日

床矯正

矯正装置の一つで、子供の成長を利用した取り外し式の装置です。乳歯から永久歯に生え変わるときに、必要なスペースをコントロールすることができます。歯並びが悪くならないようにするために、予防矯正としての役割もあります。 使用す …

続きを読む

投稿日:2018年5月27日

チンキャップ

矯正装置の一つで、頭につけたキャップと顎につけたキャップから構成されます。顎(chin:チン)にキャップを付けるので、チンキャップと言われます。また、下顎のオトガイに装置をつけるので、オトガイ帽装置とも呼ばれます。 まず …

続きを読む

投稿日:2018年5月20日