ボトックス(ボツリヌス)治療

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で神経に作用し、弛緩作用や筋肉の動きを抑制する働きがあります。

ボトックス注射はこの作用を利用して行うもので、簡単に言えば注射した部分を働かないようにする事で、強すぎる筋肉を緩め食いしばり・歯ぎしり・顎関節症を改善するという効果を得ることが出来ます。

ボトックス治療は、シワとりのイメージですが、医科領域では、病状によっては保険適用され、厚生労働省認可の安全な商材による治療です。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  は行  投稿日:2021年4月1日