顎間ゴム(がっかんごむ)

自分で取り外せる輪ゴムを上下の歯のかけることを言う。上下の歯に同時にある矯正力を作用させたいときがある。その時に、ゴムを固定してしまうと、食事ができなくなったり歯磨きができなくなったりして日常生活に差し障りが出るので、患者様が自分で外してまた掛けることが簡単にできるようなやり方をする場合がある。掛ける場所は、症状に応じて様々だが、このやり方を総称して「顎間ゴム」という。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2021年3月8日