誤嚥性肺炎 (ごえんせいはいえん)

誤嚥性肺炎とは、誤嚥(食べ物や唾液などが誤って気道内に入ってしまうこと)から発症する肺炎のことを指します。

嚥下機能の低下による誤嚥が原因で引き起こされます。

歯周病がコントロールされていない高齢者では、プラーク中の細菌と歯周病原細菌が誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。

肺炎は、近年日本人の死亡原因第3位という高い割合を占めています。入院を要した高齢患者の肺炎の種類を調べたデータによると、80歳代の約8割、90歳以上では9.5割以上が誤嚥性肺炎であったと報告されています。つまり、後期高齢者の肺炎のほとんどは誤嚥性肺炎だと考えられます。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2020年10月9日