ブラックトライアングル

矯正治療をすると、歯並びは綺麗に並んで歯と歯はぴったりとくっついているのに、歯と歯の間に隙間ができることがあります。これをブラックトライアングルといいます。

ブラックトライアングルというのは、矯正治療をした結果、悪い影響が出て三角形の隙間が出来るというものではありません。大人の患者様に多いというのは、年齢を重ねるとともに歯茎が退縮していくことが一番の原因になります。歯並びが凸凹でがたつきがあったりすると、退縮した歯茎は目立ちませんが、歯列矯正が終了して綺麗に歯が並ぶとそれが逆に目立ってしまうというものです。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  は行  投稿日:2020年10月23日