アンカレッジロス

固定の喪失。例えば、出っ歯の矯正治療で小臼歯を抜歯した場合、抜歯して獲得したスペースは当然、出っ歯である前歯を後退させるために使われるはずです。前歯を後退させるための固定源は臼歯になりますが、その際に臼歯がスペースに向かって動いてしまうことをアンカレッジロスと言います。治療計画以上のアンカレッジロスを起こしてしまうと、前歯が十分に後退しないことになってしまうため、矯正用ゴムの使用など固定源の強化は重要です。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  あ行  投稿日:2020年9月18日