ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシは、通常の歯ブラシとは違い、筆のように毛先をぎゅっとひとまとまりにした歯ブラシです。ヘッドが小さいため、通常の歯ブラシでは届きにくい箇所のプラークを取り除くことができます。歯並びが悪い人や矯正中の人、歯ブラシで磨きにくい場所が多い人は使ったほうがいいとされています。

その一方で、歯に当たる面積が少ないため、メインの歯ブラシとして使用するには効率が悪く、すべての歯を磨き終わるまでとても時間がかかってしまいます。そのため、歯ブラシを使ったあとの仕上げ磨き用歯ブラシとして推奨されます。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  わ行  投稿日:2020年7月20日