口唇ヘルペス こうしんヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染によって唇の周りなどに水泡ができる病気です。唇に灼熱感や疼痛〔とうつう〕、膨張があり、ついで小水疱が形成されますが、数日で自然治癒することが多く、治療は抗生物質の軟膏を塗布します。原因は消化器障害、感冒〔かんぼう〕、紫外線照射、月経、ストレスなどがあげられ、免疫力が低下している時にかかりやすい病気です。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2020年1月23日