歯ぎしり(ブラ キシズム)

歯ぎしりには、無意識のうちに睡眠中に歯をきしませる「グラインディング」のほか、習癖として行う無意識のくいしばり「クレンチング」や睡眠中や無意識のうちに上下の歯をカチカチとかみ合わせる「タッピング」などの種類があります。いずれも、歯の不正な磨耗につながり、噛み合わせやあごの骨に悪影響を与えます。また顎の痛みとしても現れることがあります。歯ぎしりの事をブラキシズムともいいます。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  は行  投稿日:2019年12月12日