口蓋裂 こうがいれつ

口蓋〔こうがい〕が割れた状態で生まれてくる、先天的な赤ちゃ
んの病気で、上唇が割れた「口唇裂-こうしんれつ」を合併して
いることが多いです。

胎生8週ころに口蓋突起〔こうがいとっき〕(上顎にある突起のひとつ)と鼻中隔〔びちゅうかく〕(鼻の内部を左右に仕切る壁)が合わさること(癒合-ゆごう)により口蓋が形成されますが、何らかの原因でこの癒合がうまくいかずに口蓋裂を生じると考えられています。口蓋裂の治療として、2歳ころに口蓋形成手術を行います。口蓋の裂を閉じることで、その機能と言語障害の回復をはかります。術後も言語訓練、矯正治療など長期の治療が必要とされます。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2019年9月12日