顎変形症

上顎の骨や下顎の骨が通常の大きさや形と比べて、違いがあるときに顎変形症は起こります。

上顎骨が下顎骨に比べて小さいときや下顎骨が上顎骨に比べて大きいときなどがあります。下顎骨が大きく前に出た状態は顎変形症の代表的な一つです。

原因は遺伝的な要素も多いですが、原因の特定は難しいです。

 

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2019年6月30日