態癖

頬杖をつく、片側だけで荷物を持つ、食いしばる、うつぶせ寝をするなど無意識に行う習慣を態癖といいます。顎や歯に力が加わるような習慣が継続すると、顎の関節や歯並びに影響することもあります。

しかし、自分の癖はなかなか自分では気づきにくいものです。周りの人に指摘されたら、自分の癖を考えてみる方がいいでしょう。

一度、習慣になってしまうと癖を治すのは難しいですが、歯並びや顎の関節は見た目や食生活に関係するので注意しましょう。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  た行  投稿日:2019年3月17日