コア

2019年1月27日

コア

根の治療をした歯は歯の部分がないことが多いです。このままの状態では歯の被せもの(クラウン)を作成することができません。

歯の根の中に差し込む形の土台(コア)を作成する必要があります。土台(コア)は金属ものとファイバー製のものがあります。歯の残っている量や状態によって使い分けます。

歯の根とコアを一体になるようにセメントで接着します。この上に被せものを作成します。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院