クワドヘリックス

上の顎の幅を拡げる装置です。固定式の装置で、自分で取り外すことはできません。上の奥歯にバンドを装着して、このバンドとワイヤーが接続されています。バンドに接続されたワイヤーは前歯にそわせるように、力がかかるようになっています。

急速拡大装置のように大きな力がかかるわけではなく、ゆっくりと左右の歯に力をかけることで左右の歯の距離を拡げます。そのため、緩徐拡大装置といいます。急速拡大装置のように上の顎自体を拡げるというよりは歯と歯の距離を拡げるというようなイメージです。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  か行  投稿日:2018年7月8日