側方拡大

2017年4月16日

側方拡大

歯が理想的な位置より、顎の内側に生えているときがあります。

インビザライン治療では、歯の位置を頬側に移動させることができます。

アライナーが内側から、外側へ押し広げるように力を加えます。

この動きを側方拡大といいます。

 

このことによって、歯を並べるスペースを作ることができます。

直径の短い円と直径の長い円を比べると、周径は直径の長い円の方が長いです。

同じように顎の横幅が拡がったので、歯を並べるスペースが長くなります。

 

前歯にデコボコがあったとき、出っ歯気味のときなどに、このスペースを利用して歯を並べます。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院