セファロ

矯正治療を行う際、レントゲン撮影をします。

顔全体のものと横顔のものを撮影することが多いです。

 

横顔のレントゲンをセファロと呼びます。

横顔のセファロは、正確にはラテラルセファロといいます。

セファロにも種類があるからです。

 

では、撮影したセファロをどのように活用するのでしょうか。

最近はセファロをPCに取り込んで診断ができるようになってきました。

以前はレントゲン写真を紙にトレースしていました。

 

取り込んだ画像に計測点を記入します。

この点をもとに骨格、歯の生えている向きなどを分析していきます。

治療方針を決める判断材料になります。

カテゴリー:歯ことば〜歯科用語集〜  さ行  投稿日:2017年2月26日