歯周病菌

2016年8月21日

歯周病菌

歯周病菌

口の中には多くの細菌が存在します。

300~500種類の細菌が生息していると言われています。

プラーク(磨き残し)1mgの中には1億個の細菌が生息しています。

その中には歯周病に関係している菌も多くいます。

代表的な歯周病菌として、P.g.菌、T.f.菌、Td.菌 があります。

Porphylomonas gingivalis(P. g.菌)は歯肉炎を引き起こす細菌と考えられています。

細菌が出す毒素によって歯槽骨を溶かす働きがあり、悪臭を出すことや動脈硬化に影響することもわかっています。

Tannerella forsythensis(T. f.菌)は歯周ポケットの中に生息し、歯周ポケットの血管から体内に入り込みます。

Treponema denticola (T. d.菌)は細菌のコントロールが難しく、難治性の歯周病菌です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院