歯ことば

2017.05.21更新

歯茎が下がって歯が長くなったように感じる方はいらっしゃいませんか。

年齢ともに歯茎が下がることがあります。

これは、歯周病や咬み合わせなどが影響しています。

 

歯茎が下がり始めると根の表面が露出することになります。

そのため、歯の神経に刺激が伝わりやすくなり、しみる原因になります。

歯がしみるから虫歯かなと思われて、来院される方は多くいらっしゃいます。

 

実際は知覚過敏を起こしているだけということも多いです。

歯茎下がりを起こさないためにも、日々のケアが重要です。

毎日の歯磨きを行い、食いしばりや歯ぎしりがないかを確認しましょう。

 

矯正治療でも歯茎下がりは起こります。

歯を動かすと、歯を支える骨や歯肉も動きます。

歯が動いたときに、周りの歯肉が追いついてこないときに歯ぐき下がりがおこります。

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院