歯ことば

2018.11.04更新

前歯のことを切歯といいます。上下左右で合計、8本あるのが一般的です。

真ん中の切歯を中切歯といい、上下左右で4本あります。中切歯の隣の歯を側切歯といいます。側切歯も上下左右で4本あります。

側切歯ははじめから、1本足りない方もいます。なので、必ずしも4本あるわけではありません。

 

下顎中切歯、上顎中切歯、下顎側切歯、上顎側切歯の順に生えてきます。概ね6~9歳頃に乳歯から生え変わります。

生え変わるときに、何らかの原因によってスペースが不足すると裏に引っ込んだ位置に生えることがあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.10.07更新

超音波で歯の表面をきれいにするスケーリングと、細い器具で根の表面についた歯石を除去するスケーリングがあります。


超音波で行うスケーリングは、超音波の振動と水流で歯の表面の汚れやバイオフィルム(タンパク質の膜)を除去します。このときに歯の表面の着色も除去されます。歯の表面がすべすべしてきます。


細かな器具を使うスケーリングは、主に歯肉の中に適応されます。根の表面についた歯石を除去します。歯周病に治療において、重要です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.09.23更新

舌の癖は普段意識することは少ないかもしれませんが、意外と多くの人にあります。飲み込むときに舌を前歯に押し付ける癖があることが多いです。


飲み込むときに舌の位置は上の顎に触れていると問題ありません。しかし、前歯に押し付けるような位置にあることはよくありません。唾を飲み込んで自分でも確かめてみましょう。


前歯に押し付けるような舌癖があるときは、歯並びに影響を及ぼすことがあります。前歯が突出したりすることがよく起きます。また、矯正治療後も後戻りの原因になるので保定をしっかりすることが重要です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.08.05更新

取り外し式の矯正装置です。永久歯の生え変わる時期に主に使われます。


前歯が数本反対咬合になっているときに、反対咬合の改善をするための装置です。下の前歯にプレート状の装置をつけることで、上の前歯を前に押し出す働きがあります。

上の前歯が動くことで上下の咬み合わせの関係を改善します。咬むことで前歯に力が働くので、できるだけ長めに使用することが大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.05.27更新

矯正装置の一つで、子供の成長を利用した取り外し式の装置です。乳歯から永久歯に生え変わるときに、必要なスペースをコントロールすることができます。歯並びが悪くならないようにするために、予防矯正としての役割もあります。


使用する時間帯は睡眠中だけで効果があります。なので、学校に持って行く必要がありません。周りの友達を気にすることなく、使うことができるので安心です。


床矯正にもいろいろな種類があります。顎を拡げるだけでなく、歯を動かすこともあります。そのため、ワイヤーがついているタイプものもあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.29更新

ドラッグストアには歯ブラシと並んで、様々な歯間ブラシが販売されています。形状、素材も様々なものがあります。それぞれに適した使い方があります。

 

形状はストレート、L字型、カーブのあるものがあります。スレートは前歯に、角度のあるものは奥歯に向いています。少し曲げたり、持ち方によって口の中全体に使うこともできます。


素材は金属にブラシがついているもの、シリコン製、ナイロン製などがあります。耐久性や清掃性、歯茎へのあたり具合に違いがあります。耐久性の低いものは早めの交換が必要で、高コストになることがあります。自分にあったものを探して試してみるのもいいでしょう。


歯周病で歯茎が下がって隙間が大きくなった、ブリッジを入れている、矯正中で歯と歯の間に隙間があるようなときは歯間ブラシで歯と歯茎の境を清掃することも大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.15更新

思春期に急激に成長することを成長スパートといいます。この時期に、身長が大きく伸びることなどが特徴です。女子では小学校高学年、男子では中学生頃におこります。個人差もあります。


成長スパートの頃に上顎の骨は概ね成長が止まり、下顎の骨は成長が始まります。顎の骨の成長は矯正治療の開始時期を決める上で、基準となります。


親指の根元(人差し指側)にできる、母指尺側種子骨という骨があります。この骨は思春期の成長スパートと同じ時期くらいに出現します。レントゲンから成長スパートを知る指標になります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.02.25更新

矯正治療の移動方法の中で、歯を平行に移動させる方法です。傾斜移動と違って、歯と根が同じ方向に同じ距離だけ動きます。強く押したり、1ヶ所だけに集中して力をかけるというより、歯全体に力が加わるようなイメージで動かします。


歯の位置を前後的、左右的にそのまま動かすときに必要な動きです。左右の歯の横幅が小さいときに歯を傾斜させないでそのまま外側に拡大するときや、すきっ歯を真中に寄せてくるとき等に使われます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.12.03更新

セラミックは一般的には陶磁器を指して言うことが多いです。
焼き物のお皿などがいい例だと思います。

歯科では人工の白い被せ物のことを、セラミックと表現をすることがあります。
自費診療で作られる白い歯の多くは、セラミックが使われています。

近年、よく使われるようになっているジルコニアもセラミックと位置づけられます。
ジルコニアはCAD/CAMといって、デジタル技術で加工されます。
従来の手作業で作られるクラウンより精度の高いものが作成されます。

より高い審美性を求めるとき(前歯のとき)などはジルコニアのフレームの上に陶材を盛りより、色調を調整して作成されます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.11.05更新

食事のあと、歯の表面からミネラルが少しだけ溶け出した状態(脱灰)になります。
この状態のままになると、歯の表面に穴が空いて虫歯になってしまいます。

唾液の作用によって、歯の表面はミネラルを補給して元の状態に戻るように働きます(再石灰化)。
再石灰化を促進するものとして、フッ素を含んだ歯磨き粉や洗口剤、ミネラルを含んだペーストやガムなどがあります。
脱灰から再石灰化を促進するために、補助的なものを使うこともいいことでしょう。

補助的なものに頼る前に、歯磨きと規則正しい食生活がまず大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

前へ