歯ことば

2016.09.23更新

口臭

口臭はなかなか、自分では気づかないことが多いです。

最近では、スメハラという言葉もあるので自分でも意識することが必要ではないでしょうか。

 

口臭の1番の原因は口の中の磨き残しです。

長期間、磨き残しが貯留すると、食べ物が腐った臭いを発生します。

磨き残しのチェックを定期的に歯科医院で検診を受けることをおすすめします。

 

また、歯周病が進むと、歯肉から出血するようになります。

そのため、血なまぐさい臭いがします。

歯石を取るなどの歯周病の治療が必要になります。

 

口臭は口の中だけが原因ではありません。

胃炎を患っていると、生ゴミのような臭いがすることがあります。

このようなときは内科も受診しましょう。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院