歯ことば

2018.09.30更新

歯を白くすることは、洗濯で言うところの繊維についた色素分解と似たようなものです。最近では歯の漂白のことをホワイトニングと言うことが多いです。または、ブリーチと言うこともあります。


ホワイトニングにはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングとあります。家庭でトレーにジェルを入れて行うのがホームホワイトニング、歯科医院で薬液を歯の表面に塗って光をあてるのがオフィスホワイトニングです。より効果を高めるために併用することがあります。そのときはデュアルホワイトニングといいます。


歯の神経がない歯を根の中からホワイトニングすることがあります。薬剤を根の中に入れて閉じた状態で、漂白します。この方法をウォーキングブリーチといいます。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.09.23更新

舌の癖は普段意識することは少ないかもしれませんが、意外と多くの人にあります。飲み込むときに舌を前歯に押し付ける癖があることが多いです。


飲み込むときに舌の位置は上の顎に触れていると問題ありません。しかし、前歯に押し付けるような位置にあることはよくありません。唾を飲み込んで自分でも確かめてみましょう。


前歯に押し付けるような舌癖があるときは、歯並びに影響を及ぼすことがあります。前歯が突出したりすることがよく起きます。また、矯正治療後も後戻りの原因になるので保定をしっかりすることが重要です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.09.16更新

鼻と喉をつなぐ部分にあるリンパ組織をアデノイドといいます。様々な要因でアデノイド肥大が起きます。


アデノイド肥大が起きることで鼻づまり、口呼吸、睡眠時無呼吸などを二次的に引き起こすことがあります。


口呼吸をすることで、顔の周りの筋肉が緩んだ状態になります。このような顔つきをアデノイド顔貌といいます。

 

口呼吸は歯並びにも、影響を及ぼすことがあります。顎の横幅が狭くなり、上の前歯が突出したようになることがあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.09.09更新

捻れた状態で生えている歯です。咬み合わせの面を上から見ると、隣の歯とはなだらかになっていないで、本来の生える向きとは違い、左右どちらかに回転していることがあります。永久歯に生え変わるときに乳歯が邪魔をしていたり、生えてくるスペースが足りなかったりすることで起こることが多いです。

 

上の真ん中の歯が翼状に捻れていることがあります。このような捻転歯を翼状捻転歯といいます。このような前歯だけの不正歯列は、部分矯正でも対応できることがあります。また、矯正治療だけではなく、ベニアを貼るような治療を用いることもあります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.09.02更新

顎の中には生えてこないで、歯の種のまま埋まっている歯があります。このような歯のことを埋伏歯といいます。


親知らず歯は埋伏歯として、顎の中に埋まったままになっていることがあります。生えてこないで問題がない場合はそのままにしておくこともあります。埋伏している親知らずが前の歯を押していたり、矯正治療のために抜く必要があるときは顎の骨の中から抜歯します。


乳歯から永久歯に生え変わらないで、埋伏している永久歯がレントゲンで見つかるときもあります。永久歯が生えてくるのを阻害している乳歯を抜歯して、永久歯を萠出させます。


生えてくるスペースがないで、骨の中に埋まったままになる歯もときどき、レントゲンで見つかることもあります。この場合は骨の中から引っ張り出してくる必要があります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院