歯ことば

2018.07.29更新

咬み合わせが深く、下顎の位置が後ろに下がっているときに、下顎の位置を前に誘導するために使う装置です。この装置は取り外し式の床矯正装置です。使用時期は乳歯と永久歯が生えている混合歯列期に用います。


この装置の特徴として、上の顎のプラスティックプレートが斜めになっています。プレートの部分に下の前歯を押しあてることで、下の顎は前に誘導され、奥歯は離開した状態になります。上の奥歯は下に挺出してくることで咬み合わせの高さが上がります。


咬合挙上板との違いは咬み合わせの高さと下の顎の位置を同時に改善できることです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.07.22更新

咬み合わせが深いときに、咬み合わせの高さを改善するために使用する床矯正装置です。主に、永久歯に生え変わる途中の小学生頃の時期に使用します。


上の顎にプラスティックのプレートを設置して、下の前歯と接するようにします。このことで、奥歯の咬み合わせは離れた状態になります。奥歯が少しずつ下に伸びてくるので、咬み合わせの高さは高くなります。


よって、前歯の咬み合わせも浅くなります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.07.15更新

固定式の保隙装置です。保隙装置なので、歯を動かすというより歯並べるためのスペースを確保するための装置です。小臼歯を抜歯して矯正治療を行うとき、奥歯が前に倒れ込まないようにします。


奥歯にバンドを装着して、バンドとワイヤーを連結します。ワイヤーと連結することで、奥歯の倒れ込みを防止します。ホールディングアーチのように上の顎にプラスティックのボタンは付きません。ワイヤー矯正と併用して使用されることもあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.07.08更新

上の顎の幅を拡げる装置です。固定式の装置で、自分で取り外すことはできません。上の奥歯にバンドを装着して、このバンドとワイヤーが接続されています。バンドに接続されたワイヤーは前歯にそわせるように、力がかかるようになっています。

急速拡大装置のように大きな力がかかるわけではなく、ゆっくりと左右の歯に力をかけることで左右の歯の距離を拡げます。そのため、緩徐拡大装置といいます。急速拡大装置のように上の顎自体を拡げるというよりは歯と歯の距離を拡げるというようなイメージです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.07.01更新

保隙装置の一つです。保隙装置は歯を積極的に動かすというより、スペースを保つための装置です。保隙装置にはいくつか種類がありますが、ホールディングアーチは抜歯矯正のときに使われます。


歯を並べるスペースが少なくて抜歯矯正を選択したとき、抜歯スペースに後ろの歯が倒れてくることがあります。これを防止する目的があります。


ホールディングアーチは固定式の装置で奥歯にバンドをつけます。このバンドと上の顎の口蓋部にプラスティックできたボタンを設置して、ワイヤーで結びます。プラスティックのボタンを固定源に、奥歯が倒れないように力が働きます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院