歯ことば

2018.09.09更新

捻れた状態で生えている歯です。咬み合わせの面を上から見ると、隣の歯とはなだらかになっていないで、本来の生える向きとは違い、左右どちらかに回転していることがあります。永久歯に生え変わるときに乳歯が邪魔をしていたり、生えてくるスペースが足りなかったりすることで起こることが多いです。

 

上の真ん中の歯が翼状に捻れていることがあります。このような捻転歯を翼状捻転歯といいます。このような前歯だけの不正歯列は、部分矯正でも対応できることがあります。また、矯正治療だけではなく、ベニアを貼るような治療を用いることもあります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院