歯を失った方へ

歯周病やむし歯により歯を失った場合のデメリットは、単に食事がしにくい・喋りにくいといったものだけではありません。そのまま放置しておくと他の歯が動くことで噛み合わせが悪くなり、やがて他の健康な歯を弱らせる原因にもなるのです。
歯を失った場合は通常、入れ歯・ブリッジ・インプラントによる治療が行われます。当院ではもちろん保険の範囲内での治療も承っておりますが、身体に良いとはいえない金属を用いたものは基本的にはお勧めしていません。もちろん治療方法によって期間や費用面も大きく異なるため、当院では患者様のお口の状態とご希望を考慮したうえで治療方法をご提案し、患者さまに選択していただいております。

入れ歯

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類に分けることができます。また同じ入れ歯であっても見た目や装着感の良い自費の入れ歯と、安価な保険の入れ歯があるため、患者様のご希望に合わせたものを当院ではご用意いたします。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を利用して、橋(ブリッジ)をかけるように人工の歯を装着します。入れ歯よりも噛み心地は安定しますが、両隣の健康な歯も削る必要があるといったデメリットがあります。

インプラント

現状最もご自身の歯に近い噛みごこちを得られる人工の歯です。 顎の骨の中にチタン製のインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。見た目も美しく食事も楽しめますが、価格が高くオペが必要といったデメリットがあります。

当院で扱う義歯

MENUPRICE
ノンクラスプデンチャー(1歯) 100,000円
ノンクラスプデンチャー(2歯以上) 200,000円
金属床義歯 450,000円

※価格は税別です。