歯ことば

2017.06.18更新

矯正治療では歯を動かし終わった後に、歯が元の状態に戻らないようにする装置を装着します。リテイナー、保定装置と言われています。

 

リテイナーにもいろいろな種類があります。大きく分けると、取り外せるタイプのものと外せないものに分かれます。

 

外せるタイプものには入れ歯のようなものとマウスピース型があります。

入れ歯のようなものは頬側にワイヤーがついていて、舌側はプラスティックでできていることが多いです。用途によってワイヤーの形態が違います。

もう一つはマウスピース型のものです。インビザラインのようなマウスピース型の矯正をしている方にとっては今までの延長のようなものです。インビザラインよりも硬い素材を使用します。

 

外せないタイプのもの

歯の裏側にワイヤーだけを貼り付けるものです。固定しているので歯は動きにくいですが、むし歯にならないように注意が必要です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

SEARCH

CATEGORY