歯ことば

2017.04.02更新

矯正治療が終わった段階では歯はまだ、しっかりと固定されていません。

少し揺れがある状態です。

このままにしておくと、また元の状態に歯が戻ってしまいます。

そのため、矯正治療が終わると保定装置を装着します。

 

インビザライン治療では、ビベラという保定装置を装着することが多いです。

ビベラはインビザラインを製造している会社で作る保定装置です。

インビザライン治療が終わった、最後のアライナーと同じ形で作ります。

より正確なものにするために、矯正終了後の最後の状態を光学印象で採得し、ビベラを作成することもあります。

 

ビベラはインビザラインよりも硬い素材でできているので、しっかりと歯を固定できます。

使用時間は最初のうちはインビザラインと同様に20時間以上です。

状態が落ち着いてきたら、就寝中のみになります。

後戻りの防止のためにも、できるだけ長く使っていただくことが理想です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院