歯ことば

2017.09.03更新

乳酸菌というとヨーグルトをイメージする方は多いのではないでしょうか。

乳酸菌は腸を強くする、健康にいいから、ヨーグルトを食べている方もいらっしゃると思います。

コンビニでも乳酸菌飲料が増えてきています。

 

乳酸菌は腸内に働くだけではなく、口の健康にもいいことがわかってきています。

乳酸菌には多くの種類があり、その中のいくつかが虫歯や歯周病の予防に関係しています。

 

ロイテリ菌やL8020は虫歯菌や歯周病菌の働きを抑えることで注目されています。

市販の製品でもこれらの乳酸菌が含まれている製品があります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.07.23更新

口の中に入れるマウスピースにはいくつか種類があります。

スポーツのときに歯を守るためのマウスピース、ホワイトニングのときにジェルを入れるためのマウスピース、歯の矯正ができるマウスピースなどがあります。

ナイトガードは歯を守るために夜付けるマウスピースのことです。

 

ナイトガードはスポーツ用と違ってコンタクトスポーツから歯を守るのではありません。

夜寝ているときの歯ぎしりや食いしばりから歯を守るために装着します。

 

食いしばりや歯ぎしりは自覚していないだけで、実は多くの方がしている可能性があります。

普段、ご飯を食べるときよりも大きな力が歯に加わっていることもあります。

 

その結果、歯にヒビが入ったり、歯の尖端が丸まったりということがおきます。

ひどい場合は、根の方までヒビが入ることもあります。

 

そこで、夜寝ている間にナイトガードを装着して歯を守ります。

歯を長く、よい状態に保つために必要となることもあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.09.04更新

ニコチン

喫煙者は歯周病になりやすいと言われています。

なかでもニコチンはタバコの3大有害物質の1つです。

ニコチンには強力な血管収縮作用があります。

そのため、歯肉に炎症があったとしても出血が抑えられてしまいます。

喫煙者は自覚症状がなく、歯周病が悪化してしまいます。

治療に行くきっかけを失うことにつながります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院