歯ことば

2017.10.29更新

一般的には、硬組織からカルシウムが溶け出すことを言います。
口の中では歯の表面のエナメル質から、カルシウムが溶け出すことです。

食事のあと、甘いものを飲んだ後などは、歯の表面はほんの少しだけ脱灰をしています。
多くの場合、時間とともに元の状態に戻ります。
ただ、バランスが崩れると歯の表面に、穴が空いた状態になります。
この状態が虫歯のことです。

穴が空いた状態までならなくても、歯の表面に白い斑点(ホワイトスポット)ができることがあります。
治療するほどではないですが、虫歯予備軍なので注意が必要です。
フッ素を塗布したりして、経過を観ることが多いでしょう。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

ARTICLE

SEARCH

CATEGORY