歯ことば

2017.07.16更新

矯正装置は金属が歯の表面に付くものという、イメージが今でも強いと思います。

従来、矯正歯科は歯の表面に金属のブラケットという装置を貼りつけ、ブラケットの中を金属の針金を通すことで治療を行っていました。

 

なので、矯正治療をしたいと思っても社会人になってからは、躊躇する方も多くいました。

しかし、近年、矯正装置も多くの選択肢が生まれました。

 

中でも人気が高いのが透明で目立たない装置です。

透明な装置と言っても、大きく分けて2つに分かれると思います。

 

1つは、今までの金属のブラケットが透明なブラケットに変わったものです。

歯の表面につける装置が透明になっても、歯の表面に装置がつくことに変わりありません。

 

もう1つはマウスピース型の装置を使うタイプのものです。

このタイプの矯正装置は透明なマウスピースが歯全体を覆うので、つけていることが目立つことはほとんどありません。

 

ただ、インビザラインの場合は歯の表面にポッチが付くことがあります。

このポッチは白い素材でできているので、目立つことは少ないです。

インビザライン治療中は多くの時間、歯全体を装置が多ているのでポッチが唇に触れることもありません。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

SEARCH

CATEGORY