歯ことば

2018.04.29更新

ドラッグストアには歯ブラシと並んで、様々な歯間ブラシが販売されています。形状、素材も様々なものがあります。それぞれに適した使い方があります。

 

形状はストレート、L字型、カーブのあるものがあります。スレートは前歯に、角度のあるものは奥歯に向いています。少し曲げたり、持ち方によって口の中全体に使うこともできます。


素材は金属にブラシがついているもの、シリコン製、ナイロン製などがあります。耐久性や清掃性、歯茎へのあたり具合に違いがあります。耐久性の低いものは早めの交換が必要で、高コストになることがあります。自分にあったものを探して試してみるのもいいでしょう。


歯周病で歯茎が下がって隙間が大きくなった、ブリッジを入れている、矯正中で歯と歯の間に隙間があるようなときは歯間ブラシで歯と歯茎の境を清掃することも大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.15更新

思春期に急激に成長することを成長スパートといいます。この時期に、身長が大きく伸びることなどが特徴です。女子では小学校高学年、男子では中学生頃におこります。個人差もあります。


成長スパートの頃に上顎の骨は概ね成長が止まり、下顎の骨は成長が始まります。顎の骨の成長は矯正治療の開始時期を決める上で、基準となります。


親指の根元(人差し指側)にできる、母指尺側種子骨という骨があります。この骨は思春期の成長スパートと同じ時期くらいに出現します。レントゲンから成長スパートを知る指標になります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院