歯ことば

2018.03.25更新

クロスバイト、すれ違い咬合ともいいます。通常の咬み合わせと違って、水平的な歯の咬み合わせが逆になった状態です。


通常の咬み合わせでは上の歯が下の歯を覆うような咬み合わせをしています。上の歯は少しだけ、下の歯より外側にあります。それに対して、交叉咬合では下の歯が上の歯を覆うような咬み合わせをしています。


交叉咬合が奥歯におきても、見た目に影響をすることは少ないです。しかし、奥歯の咬み合わせが悪いので、しっかりと食べ物を咬めない、顎の関節に負担がかかるなどの不都合が生じます。矯正治療をした方がいい場合もあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院