歯ことば

2018.04.22更新

多めに矯正することを、矯正歯科ではオーバーコレクションとといいます。では、なぜ、矯正歯科ではオーバーコレクションを行うのでしょうか。本来、1番いい状態で矯正を終わりにした方がいいように思いませんか。

矯正歯科では後戻りすることが多くあります。そのため、後戻りを予測して歯を予め余分に動かすのがオーバーコレクションです。内側にあった歯は矯正で外側に移動しても、また、内側に戻ることがあります。なので、少しだけ歯を外側に多めに動かすような、オーバーコレクションが行なわれます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.04.01更新

矯正治療終了後の歯は治療前の位置に戻ることがあります。これを矯正治療では後戻りといいます。特に矯正治療が終了して、すぐのときは注意が必要です。まだ、周りの骨が完全に固まっていない状態なので、歯が動きやすいです。


そこで、装置を用いて矯正終了時の状態を維持することが欠かせません。矯正終了時の状態を維持することを保定といいます。また、このときに使う装置を保定装置といいます。装置の種類は固定式のもの、取り外し式のものがあります。しっかりと保定装置を使うことが大切です。


舌の癖がある方は歯を動かすリスクがあるので、保定を長めに行う必要があります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院