歯ことば

2017.05.28更新

矯正歯科は小学生や中学生がやるものと決めつけている方は多いです。

矯正治療は成人になってからでもできます。

歯は何歳になっても動かすことはできます。

 

そうはいっても、あの金属をの装置をつけたくない。

どうも聞くところによると痛いらしい。

仕事や日常生活に支障きたすのではないか。

 

こんな不安を持たれていませんか。

今までは、矯正というと金属のワイヤーを歯の表面につけるのが一般的でした。

表面ではなく、歯の裏側につけるタイプのものもありましたが、歯の上をワイヤーを渡すタイプのものが主でした。

 

最近では、マウスピース型の矯正装置も使われるようになってきました。

ワイヤー矯正に比べて、目立つことはなく痛みもすくない装置になっています。

そのため、今まで大人になってからの矯正を断念していた方も、治療を受けるようになっています。

 

大人になってからの矯正は前歯の歯並びを治してきれいにしたいという方だけでなく、若い頃より前歯が前に出てきた、隙間ができたという方にもお勧めです。

大人になって奥歯が歯ぎしりで削れたり、低めのかぶせ物を入れた方は、顎の高さが低くなることがあります。

すると、上の前歯につきあげるような力が加わり、結果として前歯が動いてしまいます。

このような方にも大人になってからの矯正は向いています。

ただ、奥歯の状態によっては奥歯を先に治す必要があることもあります。

 

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院