歯ことば

2018.03.25更新

クロスバイト、すれ違い咬合ともいいます。通常の咬み合わせと違って、水平的な歯の咬み合わせが逆になった状態です。


通常の咬み合わせでは上の歯が下の歯を覆うような咬み合わせをしています。上の歯は少しだけ、下の歯より外側にあります。それに対して、交叉咬合では下の歯が上の歯を覆うような咬み合わせをしています。


交叉咬合が奥歯におきても、見た目に影響をすることは少ないです。しかし、奥歯の咬み合わせが悪いので、しっかりと食べ物を咬めない、顎の関節に負担がかかるなどの不都合が生じます。矯正治療をした方がいい場合もあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.03.18更新

矯正治療でも、手のレントゲンを撮影することがあります。それは、手の骨の成長を知ることで、成長の度合いを知ることができるからです。


親指の根元(人差し指側)にできる、母指尺側種子骨という骨があります。この骨は思春期の成長スパートと同じ時期くらいに出現します。


母指尺側種子骨の出現は、顎の成長を予測する判断材料になります。矯正治療では顎の成長によって、治療方針が決まることがあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.03.11更新

矯正治療の歯の動かし方の1つです。歯の位置や向きは変えずに、歯を骨の中から引き出すような動きです。引き出して作られたスペースに骨が作られ、歯の垂直的位置が上がります。


ディープバイトのときは奥歯を挺出することで、咬み合わせの高さを高くします。また、オープンバイトのときは前歯を挺出することで上下のスペースを小さくします。


矯正治療以外にも、根が歯茎の中に埋もれている状態のときに挺出を行なうことがあります。根が歯茎の中に埋もれた状態では、しっかりとした被せ物を作ることができないからです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2018.03.04更新

矯正治療における歯の動かし方の1つです。歯の位置や向きは変えずに、歯を骨の中に押し込むような動きです。根の先の骨が変化して、歯が沈み込むスペースができます。よって、歯の垂直的位置が下がります。


ディープバイトの治療に用いられます。前歯が深く咬み込んでいるので、前歯を圧下させて咬み合わせを浅くします。また、開咬の改善にも用いられます。前歯が開咬状態のときに、奥歯を圧下させて咬み合わせの高さを下げます。その結果、前歯の開いた分が小さくなります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院