歯ことば

2017.11.26更新

歯並びと聞いて、何を考えますか。

多くの方は歯並びが悪いから、矯正治療という発想にになるのではないでしょうか。

 

では、どのような歯並びならいいのでしょうか。

まず、大人の歯(永久歯)は何本あるか、わかりますか。

親知らずを除くと上下14本ずつあるのが、通常です。

 

乳歯から永久歯に順番に、生え変わりきれいに整列して並ぶと、いい歯並びと言えるでしょう。

しかし、乳歯が早く抜けたり、遅くまで抜けなかったり、歯を並ぶスペースが十分にないと歯はきれいには並ばず、歯並びの悪い状態になります。

乳歯から永久歯に生え変わるときのスペースコントロールが大切になります。

 

しかし、成長が止まったときに、歯はきれいに列に並んでいるのに、きれいな歯並びではないことこがあります。

見ための美しさを表現するためには、歯を微調整してきれいな歯並びにする必要があります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.11.19更新

歯科治療では光学印象の使用が増えてきています。

今まで歯の型を採るときに、粘土ようなものを口の中に入れて苦しい思いをすることが多かったです。

光学印象ではスキャナーを直接、口の中に入れて歯の型を採ることができます。

 

インビザライン治療でもスキャナーを使用することができようになってきました。

その1つがiTeroというスキャナーです。

 

棒状のスキャナーの先端から光が出て、高速カメラで像を描き出していきます。

精度の高い像を高速に、モニター上に表示できます。

 

記録されたデータをもとに、簡易シミュレーションの作成も可能です。

記録されたデータはデジタルデータなので、そのまま海外へ転送することができます。

型撮りした資料を、海外に輸送する手間がなくなった分、シミュレーション作るまでの日数も短縮することができます。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.11.12更新

電動歯ブラシは電気屋やドラッグストアで見かけることが多いと思います。
一度は、何かしらの電動歯ブラシを試した方も多いのではないでしょうか。

手で磨くのと、電動歯ブラシで磨くのはどっちがいいのか。
決めるのは難しいところもあります。

電動歯ブラシは水流と振動で、通常磨きにくいところの汚れが落ちます。
それでも、歯ブラシが歯にしっかりとあたっていないと効果は期待できません。

通常の歯ブラシでも電動歯ブラシでも、正しい歯磨きの仕方がまず、大切です。
その上で、電動歯ブラシによる補助的機能に期待するはいいことでしょう。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.11.05更新

食事のあと、歯の表面からミネラルが少しだけ溶け出した状態(脱灰)になります。
この状態のままになると、歯の表面に穴が空いて虫歯になってしまいます。

唾液の作用によって、歯の表面はミネラルを補給して元の状態に戻るように働きます(再石灰化)。
再石灰化を促進するものとして、フッ素を含んだ歯磨き粉や洗口剤、ミネラルを含んだペーストやガムなどがあります。
脱灰から再石灰化を促進するために、補助的なものを使うこともいいことでしょう。

補助的なものに頼る前に、歯磨きと規則正しい食生活がまず大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院