歯ことば

2017.05.28更新

矯正歯科は小学生や中学生がやるものと決めつけている方は多いです。

矯正治療は成人になってからでもできます。

歯は何歳になっても動かすことはできます。

 

そうはいっても、あの金属をの装置をつけたくない。

どうも聞くところによると痛いらしい。

仕事や日常生活に支障きたすのではないか。

 

こんな不安を持たれていませんか。

今までは、矯正というと金属のワイヤーを歯の表面につけるのが一般的でした。

表面ではなく、歯の裏側につけるタイプのものもありましたが、歯の上をワイヤーを渡すタイプのものが主でした。

 

最近では、マウスピース型の矯正装置も使われるようになってきました。

ワイヤー矯正に比べて、目立つことはなく痛みもすくない装置になっています。

そのため、今まで大人になってからの矯正を断念していた方も、治療を受けるようになっています。

 

大人になってからの矯正は前歯の歯並びを治してきれいにしたいという方だけでなく、若い頃より前歯が前に出てきた、隙間ができたという方にもお勧めです。

大人になって奥歯が歯ぎしりで削れたり、低めのかぶせ物を入れた方は、顎の高さが低くなることがあります。

すると、上の前歯につきあげるような力が加わり、結果として前歯が動いてしまいます。

このような方にも大人になってからの矯正は向いています。

ただ、奥歯の状態によっては奥歯を先に治す必要があることもあります。

 

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.05.21更新

歯茎が下がって歯が長くなったように感じる方はいらっしゃいませんか。

年齢ともに歯茎が下がることがあります。

これは、歯周病や咬み合わせなどが影響しています。

 

歯茎が下がり始めると根の表面が露出することになります。

そのため、歯の神経に刺激が伝わりやすくなり、しみる原因になります。

歯がしみるから虫歯かなと思われて、来院される方は多くいらっしゃいます。

 

実際は知覚過敏を起こしているだけということも多いです。

歯茎下がりを起こさないためにも、日々のケアが重要です。

毎日の歯磨きを行い、食いしばりや歯ぎしりがないかを確認しましょう。

 

矯正治療でも歯茎下がりは起こります。

歯を動かすと、歯を支える骨や歯肉も動きます。

歯が動いたときに、周りの歯肉が追いついてこないときに歯ぐき下がりがおこります。

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.05.14更新

癒合(ゆごう)歯は、乳歯2本がくっついて1本になって生えてくる状態です。

下の前の乳歯などに比較的よくおこります。

 

癒合歯があるとどのようなリスクがあるか。

 

癒合歯の後に生えてくる永久歯が、本来2本のところ、1本しか生えてこないことがあります。

歯の本数が1本少ないので、歯並びやかみ合わせに影響することがあります。

癒合歯の後に歯が2本生えてきても、歯が生えるスペースが足りず、歯並びが悪くなることがあります。

 

生え変わりの時期が遅くなることもあります。

そのため、永久歯への生え変わりに影響することがあります。

 

癒合歯を検診で指摘されたり、歯磨きのときに見つけたら、歯科医院に相談することをお勧めします。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.05.07更新

本来、生えてくる歯より多く、歯が存在することがあります。

上の真中2本の間に1本歯が多く存在することがときどきあります。

真中の歯が曲がって生えてしまったり、根に影響を与えることもあります。

 

骨の中に存在することが多く、気づかないことがあります。

レントゲンには歯の形が写って見えます。

 

矯正治療をする前に抜く必要がある場合があります。

しかし、骨の中に埋まっている歯を抜くので通常の抜歯よりも難しいです。

 

口腔外科を得意にしている歯科医院(大学病院など)を紹介することもあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院