歯ことば

2017.03.26更新

アライナーに切れ込み(プレジションカット)が入っているときがあります。

これは不良品ではないので心配しないで下さい。

 

では、何のために切れ込みが入っているのでしょうか。

この切れ込みにゴムを引っ掛けて使います。

ゴムを引っ掛けることで咬み合わせを整える働きがあります。

 

慣れるまでは付け外しが大変なこともあります。

基本的には食事のとき以外はつけます。

担当医の指示によって使用時間は変わることもあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.03.19更新

矯正検査では、型取りをして歯型をとります。

歯科医院に行ったときに経験された方は多いのではないでしょうか。

 

金属のトレーに粘土のような材料を入れてとります。

材料が冷たく、口の中を覆われると少し苦しいこともあります。

硬まるまで、1~2分待っていただきます。

この歯型に石膏を流して、模型になります

 

模型は口の中を外に取り出すことができるので、お口の中の状態がよくわかります。

歯の生えている方向、口の横幅、咬み合わせ、歯の大きさなどの情報を得ることができます。

 

治療方針を決定する上で、大切な情報になります。

矯正治療をしてきれいに歯が並ぶか、歯を抜くべきかなどを決定する材料になります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.03.12更新

歯科医院に初めて行くと、レントゲンを取りましょうと言われることがあったと思います。

おそらく、そのレントゲンがパノラマX線です。

頭の周りを撮影器具が一周して、撮影されます。

 

顔全体を撮影するタイプのレントゲンです。

なので、歯だけでなく、顎の骨、関節まで撮影できます。

矯正治療では顎の状態、顎関節も重要な診断材料になります。

 

左右の同じ部位を比較できるので、大きさが違うと歯の萠出位置の以上も把握できます。

小さく見える歯は内側に、大き見える歯は頬側に生えています。

 

奥歯の咬み合わせを見ることもできます。

そのため、噛んだ状態で撮影することがあります

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2017.03.05更新

矯正治療は歯を動かすことが終わって終わりではありません。

矯正治療が終わった段階では歯はまだ動きやすい状態です。

せっかく、歯を動かしてもそのままにしておいては元の状態に戻ってしまいます。

 

そこで大切なのが歯の位置を維持することです。

歯の位置を維持する方法もいくつかあります。

歯に固定するものを貼り付ける方法、インビザラインのようなマウスピースを入れる方法などです。

 

それぞれにメリット、デメリットがあります;

固定してしまうと、虫歯になるリスクがあったり、固定したものが外れると動くことがあります。

マウスピース型のものは取り外せるので清掃が容易です。

マウスピース型のものはインビザライン同様に管理をしなければいけません。

 

保定の期間は様々な考え方があります。

後戻り防止のためにはできれだけ長くしっかり使うことが大切です。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院