歯ことば

2016.07.31更新

金属の詰め物や被せ物をすることで、金属アレルギーをおこすことがあります。

金属は口腔内で少しずつ溶け出し、溶け出した金属イオンがアレルギーの原因となります。

口の中に炎症症状をおこすだけでなく、掌蹠膿疱症といって手や足に水泡ができることもあります。

歯科治療を行った後に、アレルギー症状がでた場合は詰め物や被せ物を外す必要があるかもしれません。

金属アレルギーは反応が出るまでに時間がかかるとされています。

まれに、複合的な反応でアナフィラキシーショックをおこすことも考えられます。

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.07.24更新

銀歯

一般的に保険診療で行う被せ物です。

12%金銀パラジウム合金合金が使われることが多いです。

金属を使うため、見た目が目立つことがあります。

金属アレルギーを起こすこともあります。

銀歯と歯を合着しているセメントが溶けると、銀歯の中で細菌が繁殖します。

結果として、銀歯の中が虫歯になることがあります。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.07.17更新

ファイバーコア

根の治療をした歯は被せ物をする前に、土台を作る必要があります。

ファイバーコアは土台になるものです。

ファイバーコアはグラスファイバーの芯の周りを強化プラスティックで固めたものです。

歯との親和性が高いので歯が割れにくいです。

残っている歯が少ない場合は適応にならないことがあります。

金属をつかわないので歯肉の変色や金属アレルギーを防ぐことが出来ます。

光透過性があるので、審美性に優れています。

現在、ファイバーコアは保険適応になっています。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.07.07更新

アジアサミット

インビザライン アジアパシフィックサミットが、5月12~15日までマカオで開催されました。

日本からは約100人、全体では約1000人のドクターが参加しました。

当グループ代表 神谷規明も参加してきました。

サミットでは日本未発表のインビザライン最新情報を知り、海外のドクターの講演を聞く機会を得ました。

また、海外の経験豊富なドクターとの交流を深めることもできました。

今後、インビザライン治療に活用させることができると思っています。

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.07.03更新

セラミックインレー

インレーとは虫歯を削った後に、型を採って作る詰め物のことです。

保険適応では、金属の詰め物になってしまいます。

以前は、強度の面から金属が使われることが主でした。

近年はセラミックの強度がましたことによって、セラミックのインレーも増えてきています。

ただし、セラミックインレーの場合は保険外になります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院