歯ことば

2016.06.26更新

ラミネートベニア

歯の表面を0.5mmほど削ってセラミックのシェルを歯の表面に貼り付ける治療です。
ホワイトニングで歯が白くならない方(テトラサイクリン歯など)、前歯の形を少し変えたい方(すきっ歯があるなど)に向いています。
クラウンにするより削る量が少ないので、歯に対して侵襲が少ないです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.06.19更新

メタルボンドクラウン

金属フレームに陶材を焼き付けたクラウンです。
見た目は陶材を盛りつけているので自然な仕上がりになります。
金属を使用しているので強度があります。
金属を使用するので、歯肉の変色や金属アレルギーを引き起こすことがあります。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.06.12更新

ハイブリット

ハイブリッドレジンブロックを機械で削りだして、作る被せ物です。
ハイブリッドレジンブロックは通常、詰め物に使うコンポジットレジンにフィラーの量を増やして固めたブロックを機械で削りだして作ります。
見た目は白いですが、色調が単調になりがちです。
天然の歯との噛み合わせはよいですが、経年劣化等によって割れることがあります。
現在、小臼歯(4,5番目の歯)は保険適応になっています。平成28年4月から金属アレルギーのある方には奥歯(6,7番目)の歯にも保険適応になっています。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.06.05更新

ジルコニア

ジルコニウムの酸化物のことです。

高温・高圧で形成された白い色の固体です。

生体親和性や耐久性に優れているので医療用に用いられています。

また、高い審美性があることからダイヤモンドの代用品としても用いられています。

口腔内では安定した素材なので、金属アレルギーを起こしにくいです。

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院