歯ことば

2016.02.19更新

こんにちは。

昨日はスタッフ全員でセミナーへ参加してまいりました。

T4Kに代表されるマイオブレイスや、トレーナー装置についてのセミナーです。

一般的に認知されている「歯列矯正」は歯並びを綺麗に整えることですが、顎の骨のサイズと歯のサイズの不調和からくるものです。

歯の受け皿である顎の骨のサイズや形はどのようにして決まるのでしょうか?

遺伝的要素も無視できませんが、幼少期の姿勢や生活習慣が体の形に表れてきます。

筋肉、骨格の形に体の使い方が反映されるということです。

 

いくら歯を並べても、歯を治しても使い方がうまくないと壊してしまったり後戻りしてしまうのです。

 

T4Kは商品名ですが、正しく使用することで効果を発揮する装置です。

同時にカラダの使い方、習癖の改善を行わないと効果は半減してしまいます。

 

<キーワード>

#呼吸、#嚥下、#猫背、

#鼻呼吸、#舌癖改善、#土踏まず重心、#骨盤と肩甲骨のバランス

 

T4Kトレーナー

 

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院

2016.02.13更新

何もしていない時、お口の中はどうなっていますか?

上下の歯は接触していますか?それとも離れていますか?

歯をムダにすり減らさないこと。歯の丈は1㎝程度です。

表層のエナメル質の厚みはせいぜい2ミリ程度です。

靴は帰宅したあと脱ぎますが、天然歯は通常着脱できません。

靴の裏がすり減るように、エナメル質をすり減らすことはとてももったいないことです。

 

(だから何?なにがもったいないの?)

TCH=Tooth Contacting Habit(上下歯牙接触癖)

 

これがなかなか歯科医泣かせの癖なのです。

歯に細かなひび割れが起きたり、知覚過敏の原因になるのですから。

いわゆる細菌感染の虫歯ではない病態です。。。

続きはまた後日!

 

日高

コーヒーとナッツは最高の組み合わせ^^

 

投稿者: 神谷デンタルクリニック池袋医院